2010年6月25日 (金)

ナマズ釣り入門〜その2・釣り場(小河川・水路)の探し方

今回は、ナマズを釣る場所の探し方です。
私は小河川〜水路をメインに釣っているので、大きな川などではポイントの探し方や狙い方がまったく異なる場合があるので、そのあたりはご理解下さい。

私が川を探す条件は次の4つ。

・河川流域に田んぼがある
・浅い場所(50cm前後)がある
・ガンガン流れではない
・ブラックバスが多く生息していない

ではそれぞれの項目を解説していきましょう。

・河川流域に田んぼがある
これは、ナマズが田んぼや田んぼ脇の水路などに産卵するからです。
上下5kmを見て田んぼが無い場所では鯰はあまり生息していないと思います(大河川や大河川からの流入河川に限ってはこの限りではないようですが)。
逆に言えば、田んぼさえあれば数メートルの川幅の水路から、20〜30m前後の川幅の小河川まで、鯰は高確率で生息していると言うことです。

・浅い場所(50cm前後)がある
これも重要で、鯰がトップウォータールアーにバイトしてくるのは、だいたい浅い場所です。
水深はそれこそ20cmもあればバイトしてくる可能性はあります。
私が釣りをする場所は、岸際が浅く、流芯は1〜2mほどの場所が多いです。
ずっと浅くなくても、浅い場所と深い場所が混合した川ならば、どこかしらにトップウォータールアーへ反応するポイントがあるはずです。

・ガンガン流れではない
これは場所にもよるのですが、川幅が狭く、ストレートで水深の浅い場所ではガンガン流れだとナマズの着き場がないので釣れません。
ただし、上記の条件でもところどころ水深が深くなっている場所があったり、岸際に葦や障害物があってタルミが出来ているような場所には着いている可能性が高いので、キャストしてみる価値はあります。
河川によっては、全体的にはまったりとした流れなんだけど、一部区間が瀬のように浅くなっていてその部分だけ流れが速い……という場所もありますよね。そういうところなら、流れが速くても鯰が潜んでいる可能性があります。

・ブラックバスが多く生息していない
最後の条件ですが、どうもブラックバスが多く生息している川では、狙って効率よく鯰を釣ることが難しいようです。これも場所にもよるとは思いますが、私の家の半径40km以内では顕著にこの傾向が出ています(告知や雷とはそれほど問題なく共存できているようです)。

上記の条件を見たし、岸際に草、人工物などの障害物があれば投げてみる価値アリです。
まずはとにかく色々な場所へ投げてみて、初めの1バイトを目指しましょう!
といってもどこへ投げればいいのかわからない……という人のために、川が絞れたところでどこへ投げればいいのか、次回はポイントの選び方について書きたいと思います。

ちなみに私は新規開拓でも明るいうちにポイントを下見するということはまったくしないのですが、慣れないうちは夕方明るいうちにひととおり下見しておいて、暗くなってから釣りを開始したほうが危険が少ないと思います。
下見をしない、するに関わらず、足場が高く落ちたら上がる場所が無いところや、岸際まで草が生えている場所は危険なので、近寄らないほうが懸命です。足場がいいところでも十分釣りになりますから……。


ここから先は書かなくてもいいことだと思いますが、念のために書いておきます。

夜間に釣る場合はとくに、住宅街での釣行は避けたいところです。
住宅街でなくとも、近くに家がある場所では静かに釣りをするようにしましょう。自分が逆の立場だったら、見ず知らずの人間が近所で騒いでいたら嫌ですよね?

最後にポイントを探す上では駐車場所も重要です。
鯰を釣りにいくフィールドでは、一部都心区域を除けば路肩に駐車できるスペースがあるところが多いと思いますが、街が近ければ近いほど駐車場所は限られてしまいます。近隣の方に迷惑となる駐車をするとトラブルが起こることもあると思いますので、安全に車を置ける場所に駐車して、そこからポイントまで歩くようにしましょう。駐車場所がまったく無い場合は、そこは縁がなかったと思って諦めることも必要です。

| | コメント (3)

2010年5月26日 (水)

Adobe Creative Suite 5アップグレード版が届きました

申し込んでいたAdobe CS5アップグレード版が本日届きました。28日発売ってなっていたので来月に来るのかと思ったら、申し込みが早かったからか以外にも発売前に来ちゃいましたね。

フルインストールするには19.9GB必要とのことですが(MasterCollection)、現状そんなに空きがないのでとりあえずPhotoshop CS5のみインストール(2.5GB)してみました。

で、さっそくスポット修復ブラシツールのコンテンツに応じた塗りで電線消しをしてみました。


Cs51


間違い探しみたいですが、なぞるだけでこれくらいの効果があります。
設定を詰めていけば実用性がありそうですね。

お次はパペットワープ。
この機能自体はAfterEffectsに以前からあったので別段驚くことはありませんが、なにかのときに使えるのかも。

Cs52


細かいところは置いておいて、ツールのみでほんの数分でここまで出来てしまうので、しっかり作業したらかなりいろいろ出来そう……な気もしますが、あまり使わないかな?

CS5でなにがいいって、iMac2006Late+PhotoshopCS4で認識しなかったOpenGLがきちんと認識するので、やっとフルに機能が使えるようになったことです。

PremireとIndesignも試してみたいのですが、こっちは落ち着いてからかな。
そうそう、今回はインストーラディスクがトールケースではなく紙スリーブでした。高い買い物なので、できればこういうところはケチって欲しくなかったですねぇ……。

| | コメント (0)

ナマズ釣り入門〜その1・ナマズ釣りの魅力とは?

ぜんぜん更新していないブログですが、今年は去年以上にナマズを始めたい人や始めたばかりの人の訪問も多いようです。
なので、ちょっと入門的なことを何回かに分けて書いてみたいと思います。
あくまでも個人的な考えなので、人によっては?と思われる方もいるかと思いますが、あくまで水路や小河川をメインフィールドにしている私なりの意見となりますのであしからず。


まず初めに、鯰はかなり広範囲に生息している魚(のよう)です。
のようです、というのは、私は家の半径40km以上のエリアではあまりナマズ釣りをしたことがないからです。でも北海道の友人も九州の友人も地元で鯰が釣れると言っていたので、高原以外なら(唯一某高原に住んでいる友人だけ地元では鯰を見たことが無いと言っていたので)水路から大河川までほとんどの場所で釣ることができるんだと思います。

で、釣り方ですが、基本は夜がメイン(もちろん日中でも釣れますが)。
水面へ激しいアタックがあるので、ジッターバグやクレイジークローラーといったトップウォータルアーを投げて釣るのが楽しいですね。

釣り方自体は単純で、鯰が居そうな場所へルアーを投げて、ただ巻きするだけ。
水面をコポコポ一定のリズムで引いてきて、近くにいた鯰がルアーに気づけばまずアタックしてきます。

アタックは、ルアーへいきなり喰いついてくることもありますが、だいたいはルアーの軌跡に対して、

パシュ、パシュッ!

っと出てくることが多いので、なかなか乗らない(針掛かりしない)ことが多いです。
針掛かりしなかったナマズは、同じ場所へフォローキャストすれば、またパシュッとバイトしてくることがほとんどです(時期にもよりますが)。
この、乗らなくても辺りに響く心地よいバイト音がたまらなく気持ちいい釣りなのです。


Sany0872


ここまで読んだ人は、

で、どこへ行けば釣れるの?

と思うかもしれません。
ここで鯰の食性についてちょっと考えてみましょう。

自然のフィールドで生きている生物は、人間のように食べたいときに物を食べられるわけではありません。
ですから、エサを取るチャンスがあれば、迷わず捕食します。
たとえば渓流でイワナやヤマメを釣ったら口からカエルの足や小魚の尻尾がはみ出していた……とか、シーバスを釣ったらイワシを吐き出したとか、捕食する側の魚はとにかく口の奥に食べたものが入っていてもさらに安易に食べられそうな獲物に喰いつく習性があります。食べられるときに食べておかないと、次はいつ獲物を食べられるかわかりませんから当然ですね。

で、鯰に話しを戻しますが、どうやら鯰はさらにこの傾向が強いようで、腹がパンパンになっていてもまだ獲物を取りに行動します。
何が言いたいのかというと、ナマズは居そうなポイントさえわかれば、そこへルアーを投げればけっこう高確率で釣れてしまうのです。


へぇ〜、それで?
と言う人もいるかもしれませんが、で、何が言いたいのかというと、ナマズ釣りは、

ナマズがいる場所へ投げればかなり高い確率で釣れちゃう

ので、

ハッキリ言って、人に釣れるポイントを教えてもらって釣りに行っても、何も面白さがわからない釣り

だと私は思います。


そう、鯰は

釣れるポイントを探すのが楽しい釣り!

なのです。

ナマズがいるのかどうかわからない……そんな川でルアーを投げていて、

パシュッ!

というバイト音が聞こえたら、楽しいと思いませんか?
バイトが出るかどうか分からない場所で、あそこは居そう……と思ったところにワクワクしながら投げて、思った通りの場所でバイトがあったらどうでしょうか? 対岸のエグレやボサ下といったピンポイントだったり、落ち込み直下だったり、自分がここは居そう! と思ったところでバイトが出るようになったら、きっとナマズ釣りの虜になってしまうことでしょう。

もちろん日々条件が変わるので、毎回同じ場所で出るとは限りませんが(ポイントがわかっていてもボウズの日もあります)、ひとたび鯰がトップに出る条件がわかれば、同じような条件を満たす場所がある川を探していけばいいので、どんどんマイポイントを増やしていくことが可能です。


とはいえ、ゼロから鯰の釣れそうな場所を探すとなると、大変と言えばちょっと大変ですよね。
でも、自分の力でゼロから鯰の釣れる条件を見つけた方が、次のポイントを開拓しやすいですし、なにより人に聞いて行ったポイントで釣れても、なぜそこで鯰が釣れたのかその条件がわからなければさらにポイントを開拓していくことは難しいので、きっとこの釣りにすぐ飽きてしまうと思います(まぁ人それぞれでしょうけどね)。

では、どんな場所を探して釣りをすればいいのか?
次回は自分なりの鯰釣り場の探し方を書きたいと思います。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

5/8 ナマズ

今期2度目のナマズ釣行へ行ってきました。
それにしても5月のこの時期に2度目って……今年は1ケタ釣行かもしれません……。

普段であれば土曜日にナマズなんてクレイジーなことはしないのですが、来週は忙しそう?なので行ってみましたが、1カ所目から釣り人6人。話にならん……。
今日の状況ではダメそうだが、前回釣ったポイントへ。
打ちながら歩くもまったくダメ。濁りもキツいし流れ強すぎ……。
対岸葦キワキワを打っていくと、

クン

やっと着水バイト!

乗らなかったのでゆっくり巻いていくと、着いてきて、

ゴブッ

とルアーをくわえたが乗らず!
今のはフック触ってないだろうが、なにぶん流れが強すぎるので、どこかへ行ってしまったようでフォローしても反応無し。


どうにもこうにもダメそうなので、秋ポイントへ移動。
打っても全然反応がないので引き返そうと思ったのだが、そういやここって土手の上から葦の向こうへ投げてたなぁ……なんて無理矢理葦際を狙ってみると、

バシュッ!

い、いた〜!
そして乗った〜!

ザブンザブンとけっこう暴れるこの引きは、60ありそうな感じ!
だけど、どこからランディングしよう……と思った時に、フッとバレた。うう〜。
どうやらナマズはいるようなので、粘ってみようとさらに進むと、同じようなところでゴブッとバイト。でもこれも1回だけでフォローしても無反応。
さらに進んだところで、下流でパシュッと捕食音が聞こえたので狙ってみるがダメ……と思っていたら、目の前までルアーが戻ってきたところで

パッ!

と、水柱と一緒にいい音!
こいつはフックどころかルアーにも触れていなかったから、フォローすれば出るだろうと粘ってみたがまったく反応無し。
さらに進んでみたが、反応がないので車へ戻って一番初めに見たポイントへ。


さっきいた釣り人たちは居なくなっていたが、別の車が停まっている。
とりあえず様子を見てみるが、コイのような反応があるだけでまったくダメ。それにしてもここも大きく地形が変わってるなぁ。

最後に、秋ポイントパート2へ移動。
ここは上流が工事して立ち入り禁止、下流もなんか川幅が広げられている……。
ひととおり投げてみたが、まったく反応無しで終了。

3時間近くやってみたが、ノーキャッチに終わってしまった。
釣り人が多いのもあるが、これだけ工事していると釣る場所がかなり限られてくるなぁ。場所によっては???と思う(なぜ川幅を広げる必要がある?)場所もありますし。
本当に必要な工事なら仕方ないですが、お金のためだけの河川工事ならやめて欲しいものです。
それにしても、こんなに早くボーズくらってしまうとは……。狙ったところで出てくれると乗らなくても嬉しいですが、やっぱりボーズは悲しいです。


本日の釣果
ナマズ……
4バイト中=1バラし

| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

4/21 ナマズ

寒かったり暑かったりのおかしな陽気が続きますが、ようやっと春っぽい日もでてきたのでそろそろ釣りも再開。
ってことで行ってみました、初ナマズ!

実はその前に夕マヅメだけ違う魚を狙いにいってたのですがそっちはボウズで……(代わりにスゴイ外道のチェイスがあったけど)。帰り道にちょこっと様子見。
とりあえず近くからみてみると、釣り人が……。ルアーマンと餌師だな。
川をみると、これじゃだめだろうって状況だったのでさっさと移動。

移動先は……

なんと川幅が以前の3倍に!

冬場に通ったとき工事しているのはみていたのですが、いや〜、こんなに変わっちゃいましたか。
投げてみると、どうやらコイはいるようなのだが鯰の反応は無し。このエリア、超一級ポイント3カ所が工事をしているので、今年は厳しいかな。
っていうか、久々だからか風が強いからか、

キャストが決まらん!



……気を取り直して普段あまりやらない場所へ移動。
強い南風で釣り難いものの、ここは条件がよさそうな感じなんだけど河原へ降りるのが面倒なので、土手の上からあやしそうなポイントへ横着キャストしながら歩いていると、

ゴプン

お、おお! 初バイト〜!
とりあえずフックは触ってなさそうだったので、川岸へ移動して今度はちゃんとキャスト。

コポコポコポゴブッ

出たが乗らないっ!

コポコポゴブン

さらに追い食いしてきてルアーをくわえたのだが、ロッドを後にずらすとすっぽ抜け。
う〜ん、シーズン初期にありがちな活性だが、なんとなくルアーにスレているような出方……。
同じ場所でさらに3バイトあって、やっと乗ったと思っていたら、ロッドをずい〜っと動かしたところでルアーを放した。小さいのか?

まぁ居るようなので普段通り打っていくと、なんだか要所要所で反応あり。だけどみ〜んな乗らない。どうにも小さいのも多そう。
2回バラした後に、やっと1匹乗ったのだが、こいつはランディング時にポチャ。う〜ん……。もう今のは釣ったことにして帰っても良い?



ふと対岸をみると、なんだかよさそうな葦。
ああいうところで出ると楽しいんだよな〜とキャストして、

ジャボン、コポコポコバグッ!

おお〜、狙い通りに出た〜!
乗らなかったけど、狙ったところで出るのは楽しいっ♪
フォローしても出ないので釣り進んでいくと、またゴブンとバイト。それにしてもあの

パッ!

って目が覚めるような音のはないなぁ。
で、こいつはやっと乗ってくれたので、慎重に慎重を重ねて抜き上げっ!


Sany0688


カードリーダーの調子が悪いので、昨年の今頃釣ったナマズの画像を……。
実際釣れたのは42cmと小振りな奴でした。

このあとも数回バイトがあったのだけど、なんだかポツリポツリ雨が落ちてきたので終了。
気がつけばちょっと様子見のつもりが1時間半。
久しぶりだけど、やっぱりナマズも楽しいなぁ。


本日の釣果
ナマズ……42cm
15バイト中=1キャッチ4バラし

| | コメント (0)

«Adobe CS5発表!