« 山梨渓流&奈良子釣りセンター釣行 | トップページ | iPhone 3G 発売決定! »

2008年6月 5日 (木)

ムクドリ捕獲!

わりと都会のほうに住んでいると、普段見かける鳥はスズメとハト、あとはたまにオナガくらいですよね。
別段鳥に興味があるわけではないのですが、ウン年振りに鳥に触らざるを得ない状況になりました。

事の始まりは、なにやら家の上の方で鳥が巣を作っているらしいという話。
ベランダに藁が落っこっていたり、明け方ピヨピヨ聞こえるとか。
夜型、というわけでもないが普段は2時頃に寝て9時半に起きる生活なので全然気がつかなかったのだが、言われてみればたしかになにやらピヨピヨ聞こえる。
で、その場所なんだけど、
「エアコンのダクトを通すのに空けてあった穴なんじゃない?」
というのだが、内側はもちろん外側も塞いであったはず。内側に関してはプラスチックの蓋がしてあるだけだったのでひょいっと抜いてみると、なんと、

外が見えてるし!

パイプ用の穴なんで直径は8cmくらいなんですが、手抜き工事でちゃんと塞がれてなかったんだろう。で、なにやら外壁と内壁の間からピヨピヨと声が聞こえてきた。その隙間は15cmほど。どうやらもともとは断熱材があった場所に巣を作ってしまったようだ。
が、斜め上から覗き込んでもヒナは見えない。
まさかと思って壁に耳を当ててみると、穴より下の方でピヨピヨ言ってる……。まぁ、たぶん下から上ってきて親鳥にエサをもらっているんだろうから、巣立っていなくなってから穴を塞げばいいか。

なんて思っていたのですが、数日後、朝から親鳥が穴の前にある電線にとまってギャーギャー鳴いている。壁に耳をやるとたまにピヨピヨ、ガサガサ聞こえるが、どうやらヒナが穴まで上がれなくなったようだ。
しばらくの間、気にしながら様子をうかがっていると、またピヨピヨガサガサ始まったので内側の蓋を取ってみると、斜めに見える辺りにヒナの姿が! ヒナっていうよりも、すでに親鳥と同じくらいの大きさをした幼鳥でした。頑張って羽ばたくものの、穴まで届かないのかこちらを警戒しているのか、また下の方へ戻ってしまった。
翌日は朝から晩まで親鳥が鳴き通し。明け方に幼鳥の声が聞こえたが、それからは静か。これはヤバイ。このままエサをもらえずじまいだったら……なんて考えるとゾッとする。これは近日中に何か対策を(トリモチを棒の先に付けて突っ込むとか)取らないとダメそうだ。

で、また翌日。早朝日の出とともに親鳥がギャーギャー鳴き出した。と同時に幼鳥がピヨピヨ、ガサガサしだしたので行ってみると、なにやらかなり上の方でピヨピヨ鳴いている。

もしかして!?

と思って内蓋を外してみると、そこには幼鳥の翼が!
外にいる親鳥に意識が行っているようなので、こちらには気づいていないよう。このチャンスを逃すともう後がなさそうだったので、翼を掴んでえいっと家の中に引きずり込んだ。

捕獲成功!

すると、穴の向こうに、外側に体を半分出している幼鳥の姿がもう1羽見えた。すかさずこいつも羽を掴んで内側へ引きずる。2羽とも何が起こったのかわからないようで、ぽけ〜っとしている(笑)
音からするとどうやら上がってきているのはこの2羽のみ。外には親鳥らしき鳥の他、合計6羽のムクドリの姿が見えた。今まで親鳥以外が巣の前に姿を現す事はなかったので、もしかしたらこの中の何羽かは今飛び立ったばかりの鳥なのかも。

捕獲した幼鳥はそのままにしておけないので、とりあえず発泡スチロールの箱の中へ。


Sany0268


ピヨピヨうるさいが、


Sany0265


隙間から覗くとけっこうカワイイ。
でも、困ったのは大量のダニ! 取っても取っても後から後から箱の中から湧いてくる。鳥に付くダニは人も刺すって言うし……。
しかもこのダニ、けっこう体が固く指で押したくらいでは潰れないので、ガムテープで取っていくが、


Sany0267


あっと言う間にこんな感じ。とにかくスゴイ量。
幼鳥もこのままにしておく訳には行かないし(鳥獣保護法で野鳥は捕獲してはいけないので)、役所が開くのを待って、対応をしてくれそうなそれらしき課へ連絡。事情を話すと、野鳥を育てるボランティアの人へ渡してくれると言うので、引き取ってもらった。

引き取りにきてもらう前までは家の中とそとの親鳥が鳴きながらコンタクトを取っていたが、幼鳥がいなくなった後は親鳥が来なくなったので、やはりこの2羽が巣立つ最後の幼鳥だったのだろう。
このあとはダニ取りバルサン、穴埋めといった作業が待っているが、巣を作られるととにかく大変。2〜3日とはいえ、毎朝5時前から起こされて寝不足だし。
以来、外出するとムクドリには敏感になりました(笑)。

|

« 山梨渓流&奈良子釣りセンター釣行 | トップページ | iPhone 3G 発売決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨渓流&奈良子釣りセンター釣行 | トップページ | iPhone 3G 発売決定! »