« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月21日 (土)

コ式で冬の鯉釣りへGO!

久々にコイ釣りに行ってきました。
時間の都合でいつも行く川ではなく、近場の三面護岸の川。
この川自体にはかなりの大物がいるのは目撃していたのだけど、どうもシチュエーションが悪すぎて敬遠していたのだが……。

とりあえず橋の上から見てみると、けっこういいサイズのコイがちらほら。
ためしにパンを投げてみるが、無反応……。と思ったら、下流側でゴボンと反応する魚がいた。これなら釣りになりそうなので、車に戻って支度をし、川岸へ降りて釣り開始。
今回はいつものルアータックルとのべ竿を用意。とりあえず1匹キャッチしたかったので、ルアータックルでスタート。

パンを巻くと、さっきは無反応だった場所(降りた目の前)でパンを喰ってる……。
コ式にパンを付けて投げてみると、なんと1投目でゴブンとヒット。ありゃ、これならのべ竿で始めればよかったかな?

すると、

ジィィィィィィィィィーーーーーッ!

ド、ドラグが……ものスゴイファーストラン!
重さもだけど、寄せてはドラグを出され、けっこう走る。あきらかにいつも釣ってる60cm台とは違う感じ!
寄せてもドラグが出され、なかなか寄ってこない。
目の前まで来きてけっこうデカいんじゃないの? と思ってランディングしたら、

いつものタモに入らないし!(涙)

いつも常用しているのは管釣り用の45×50くらいのラバーネット。65cmくらいまでのコイなら問題なかったのですが、このサイズは入りません……。
強引になんとかしようとしていたが、結局入らずにフックオフ。
これって、のべ竿だったらやばかったんじゃないの?(話によると90cmくらいまではのべ竿で獲れるらしいんだけど……)

気を取り直して進んで行くが、鯉の数自体が少なく反応はほとんどナシ。
やっとやる気のある奴を見つけ、コ式を流すとヒット!
さっきほど引かないが、これもいつもの60cm台とくらべれば大型。ギリギリネットに入ってランディング成功。


Sany1044


これで75cm。てことはさっきのは85〜90cmくらいか?

ここでのべ竿にチェンジ。
ちょっと前に589本舗さんとコイの話をした時に「竿はとりあえず丈八(5.4m)があればOK」と伺ったのですが、近くのTBには丈五(420円)しか無かったのでそれで挑戦。
589本舗さんと言えば、小林重工のDVD第二弾『コイ釣りニッポン vol.2』が発売中ですね!


2


今日は悪魔のエサと悪名高い『589EX』も持ってきているが、かなりデカいのが掛かる可能性があるので壊れかけのコ式を付けて釣り開始。そういえばのべ竿使うのって学生のとき以来だなぁ。
ところが、15尺だとやはり短い。3面護岸で隠れるところも無いので、どうしてもコイのパーソナルスペース(コイだけど)に入ってしまうようで警戒してコ式のところまで鯉が来ない。
なんとか水面のパンに夢中になっているコイにそっと近づいてバイトはとれたものの、早アワセに遅アワセ……。
しかも、サーチベイトのパンに引っ張られて、コイもどんどんどんどん下流へ流されて行き……なんだかいたちごっこのような状態のまま、結局この日はそれで終了。

3時間で食パン1斤使い切ってしまったが、1回の釣行で1斤使ったのは初めて。
釣ってる時に話しかけてきた散歩のおじいさんが、「ここはメーターくらいのもいるんだけど、あれは上げられねぇんだよな」と言っていたが、過去に自分も下流でメーターくらいの奴を見ているので、数は少ないものの大型が期待できそうだ。


で、本日また行ってみましたが、土曜日と言うこともあって釣り人も散歩の人も多く、プレッシャーが高いのか反応は前回の1/3くらい。
もういやってくらいバイトも無い中、やっとコ式にアタックしてきたのは、


Photo


70cmの中鯉クラス。
今回は磯ダモを持って行ったのですが、このサイズでは役不足。
2匹目はジジジジ〜っとドラグを出すくらいパワフルな引きで対岸まで走って行き、ビシャビシャと尾びれを出して暴れたので『大型が掛かったか!?』と期待したのですが、これも70cmちょい。残念ながら大型には遭遇できませんでした……。
またしても3時間で食パンを1斤消費。んで、のべ竿はまたしても不発(何匹かコ式に寄って来たが、すべて直前で見切られ)。
リールで大物を狙うか、丈八を購入してのべ竿で狙うか……。
まぁ、丈八はTBで出会えたらにして、次回はいつもの川で丈五でやってみるかなぁ。

589本舗さんが「時代はコイだよ」と言ってましたが、ホント、鯉は楽しいですね。
影山産業さんから廉価版のコ式(800円くらい?)も出るみたいですし、なんといっても仕掛けとタックルさえあれば100円で3時間みっちり楽しめますからね!
近所に鯉がいる足場の良い川(ドブでもOK)がある人は、是非やってみてほしいです。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

10/30 請戸川サケ有効利用調査

福島県にある請戸川のサケ有効利用調査へ参加してきました。
東京からでも約3時間ほどの距離でサーモンフィッシングができることから人気の釣り場で、当日も定員いっぱいの30名近い人数が集まっていました。


Img_5165


ここへ来るのは2回目ですが、シロサケ釣りは今回が初めて。
川にはあちこちでサケのもじりが見えて……これは期待できます(前に来たときはもじりなんかほとんど無かったし……)。
出遅れまくって釣り場へは最後に入ったのですが、どう見ても1級ポイントなのに空いているところがあったので、そこへ入って7時の開始を待ちスタート。なんと3投目でヒットしました。


Img_5049


60cmくらいかな?
まわりでも次々にヒット。
その後もアタリは多いのですがなかなか乗らず、ポツリポツリとヒットしますが、あれ? 想像していたよりも全然引かない……普段釣るコイとあまり変わらないような……。
ロシアのシルバーサーモンの引きに近いものを想像していたので、ちょっと期待はずれ……かな?
なので5匹くらい釣ったところでさっそく飽きてしまい、ミノーにチェンジ。
アタリはあるものの、なかなか乗らなくて苦戦しましたが(シングル1フックのみなので)、やっと乗りました〜!


Img_5154


クロスにしか投げられないのですが、これってダウンに投げられたら入れ食いなんだろうなぁ(笑)
ハイドジャークがいい感じなのでテリージャークに替えると、こちらは1発目でヒット! したんですけど、まさかのアワセ切れ……。
朝から調子の良かったヒットスプーンも、同行者に貸したところ次々ラインブレイクしていき、だんたんと手持ちのいいルアーが無くなっていきます。ラインブレイクなんて考えていなかったのですが、やはりルアーは余分に持ってくべきですね。

途中で係員がメスを回収しにきます。
リリースは一切禁止で、釣った魚は貸し出されるスカリに入れていくシステムなんですが、あまり大きなスカリではないので、10匹くらい魚が入るともういっぱいです。


Img_5162


なんかメスばっかりだったので、ほとんど回収されていっちゃいました。
中盤からはスレ掛かりが多く、なんとか口を使わせようと思うとついつい夢中になってしまい……終了時間ちょっと前まで釣っていました。
終わってみればオス8匹、メス9匹の17匹(うち7匹がスレ)。ミノーを使っている時間はキャッチが少なかったので、ずっとスプーンを使って真剣にやっていれば30匹くらい行きそうなくらい遡上が多かったです。
最大魚はスレで掛かった叉長80cmのオス(全長だと85cm)。ちゃんと口に掛かったやつは叉長73cmのオスが最大でしたが、今年はアベレージサイズがでかいようでした。
ちなみにスレ掛かりするとかなり悲惨です。フルキャストしたところでスレると目も当てられません。一人で行く場合はネットが無いとツラいと思います。

最後は検量後、オス2匹まで持ち帰ることができます。


Img_5179


メスは漁協の直売所で購入可能です。
すじこのみは100g300円、メスは100g100円での販売です。
漁協のおばちゃんによると、いくらはメスの体重の約1/4くらい入っているとのことでした(買った奴は1/4.5くらいでしたが……)。
魚体ごと売っているのはだいたい3,000円前後のメス(3kg前後)なので、700g前後のイクラとメスの魚肉が獲れる計算。イクラだけ食べたい人はすじこのみを購入した方がオトクかもしれません。
私はせっかくなので魚肉も食べたかったのでメスを1匹買って帰ったのですが、ちょっとオマケをしてくれたのでかなりオトクな買い物ができました。

なんだか管釣りのような釣りでしたが、けっこう楽しかったです。
スプーンはテッペンスプーン18gの金赤系&ピンクチャートとテッペンスーパーハンマードが圧倒的に釣れました。中盤までノーキャッチだった同行者も、テッペンに替えた途端ヒットして、驚いていました。


Img_5100


行かれる方はスプーンはもちろんですが、ミノーもたくさん持って行くと飽きずに一日釣れると思います。
今年の調査は今月19日までありますが、抽選の申し込みはとっくに終わっているので、興味のある人は来年参加してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »