« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

1/30 富津ショウサイフグ

久々にカワハギもいいかと思いましたが、カワハギは釣れなきゃつまらないし釣れすぎても迷惑なので、前から一度はやってみたいと思っていたショウサイフグ釣りに行ってきました。

ショウサイフグは内房、外房で仕掛けや竿が違うようですが、今回行ってきたのは内房富津。なんでもこの時期の富津のショウサイフグがいちばんうまいんだとか。

朝7時に出船してポイントまではわずか20分程度。
竿はスミイカ用に購入したAトリガーライトフグ(もちろんこっちが本命なのだけど)と準備万端。
エサは甘エビの頭をとってむき身にし、ハサミで3等分にしたもの。出船前に冷凍の甘エビが配られるので、到着までにせっせと殻剥きをします。
初挑戦の釣りものは久しぶりだったので、なんだかワクワクします。
期待を込めて第一投目を投入!

……

……

カワハギだとだいたい一投目で釣れるんだけどなぁ。

釣り始めてすぐにはアタリはありませんでしたが、しばらくすると、コッコッと小さなアタリがあってヒット!

……デジカメを忘れたので、写真は一切無しです。

その後も小さなアタリをアワセて数匹追加。アワセ方自体は基本カワハギと同じですね。
ただ、船はアンカリングで固定、回遊のフグを狙う釣り方のようなので、なかなか連続して釣れると言うことはありません。
とりあえずの目標の5匹を超えたので、ちょっとカットウにも挑戦。すると、1投目からヒット。しかも、重いと思ったらカットウと喰わせのダブルヒット!

その後もカットウ、喰わせと潮止まり前の10時くらいまではいい感じで釣れて、それからは長い沈黙のあと13時過ぎの終了直前にいつものように2匹追加して終了。
最終的には17匹でしたが、カットウの掛けそこないやバラし多数、30センチを余裕でオーバーしている大物の水面バラしもあったりで、いや〜、面白い釣りでした。


釣り方の前情報も無い初挑戦の人間の感想なので、やり込んでる人にはそれは違うと言われるかもしれませんが、カットウ釣りをやってみたい人のために以下個人的な感想です。

喰わせは繊細なカワハギ釣り同様ですが、カワハギのようにアグレッシブにエサを取る感じではないので、じっくりと喰わせなければならないところはちょっと違いました(活性が高いやつは高活性なカワハギ同様向こうアワセでも掛かっちゃいますけど)。
潮が速い時は無理にゼロテンションにしようとせずに、やや竿に負荷を掛けぎみにして、小さなアタリをきっちり取っていくと釣りやすかったです。

フグといえばカットウ、と思ってしまうカットウ釣りですが、空アワセの引っ掛け釣りなのかと思いましたが全然違いました!
ちゃんとアタリが出た時に掛けていく釣りで、感じ的にはスミイカみたいでこれがまた面白いんですよ。ハマりそう。
カットウの場合はゼロテンションで、竿先に出る小さなアタリに対してスッとアワセをいれる釣り方で、最終的にはずっとゼロテンションで釣っていました。
ゼロテンションにすると、もともと小さな喰わせのアタリがさらに小さくなるのですが、じっと我慢して喰わせた時は嬉しいですね。

喰わせの下にカットウを付けると、どちらも楽しめるので2倍楽しめるのもこの釣りの面白いところですね。ただし、アワセがどっち付かずになってしまいがちでした。まぁ慣れなんでしょうけど。
なんにしても、まだまだ奥が深そうな釣りです。とりあえず1回目でしたが、喰わせもカットウも釣り方自体はわかったので、これからレギュラー化決定です!


内房の場合、カットウはできず喰わせ専門の船宿もあるようです。
喰わせ主体の場合は、カットウ可能でもエサは自分で用意する必要がありますのでお忘れなく(船長曰く、初めてならカットウはやらないほうがいいと言っていましたし、カットウにした同行者は明らかに失敗してました。私はカットウでも釣れていたので問題ありませんでしたが、基本的に喰わせの船宿は喰わせのほうが釣果が上がるようですね)。

今回はカワハギ大好きな仲間を誘って行ったのですが、お土産は確保できていながらもあまり楽しめなかったようです。
使っていた竿が固めだったということはもちろんありますが、釣り方にちょっと問題がありまして……(ちろんやり方を教えてあげましたが、それが理解できたのは上がる5分くらい前という残念な結果でした)。
釣り方もカワハギのような派手な誘いやアグレッシブさは無いまったり系の釣りなので、カワハギ釣りにハマっているからショウサイフグ釣りも好き……とは限らなさそうです。たぶんその友人たちは誘ってももうショウサイフグは乗らないでしょう(だったらカワハギに行こうと言われそうです)。
ですが、カワハギ釣り(繊細でアグレッシブ)もスミイカ釣り(繊細だけどまったり)も好きな人には間違いなく最高の釣りものでしょう。


ショウサイフグでいちばんいいところは釣った魚を捌いてもらえることですね。帰ったら食べるだけです。

なぜかわかりませんが、捌かれたフグを持った手が少しピリピリしたので(家に帰ってからフグを持ったときもそうですが、船上で追加で捌いてもらったフグを受け取った時も同じようなピリピリ感が……?)不安でしたが、

Img_0497

切れない包丁で薄造り風にしてポン酢で食べました。
この時もなぜだか舌が少しピリピリして怖かったので、昨日は少ししか食べませんでしたが……。
何でしょう? 体質? まぁ昔から皮膚が弱い体質ではありますが、その所為なんでしょうか?
ちなみにショウサイフグの身は弱毒なので、まったく毒が無いわけではありません。そのため、幼児は少量以上食べるといけないそうです。ってことは、

フグ毒耐性幼児なみなの?

まぁこの記事を書けているので大丈夫なんでしょうけど、たくさん食べたらヤバいのかな?
面白かったからまた行きたいんだけど、『フグ釣りは好きで釣りに行くんだけど、釣ったフグは食べられないからあげる』なんてなったら……どんだけいい人だ?(笑)

とまぁピリピリ事件のせいで自分的にはおっかなびっくりなんですが、お裾分けした人も「フグ」というと皆さん同様に「もう食べた?」と聞いてきます。「食べたよ」と答えると皆さん「どれくらい前?」「じゃあ大丈夫かぁ」といいますが、ピリピリ事件のことを話すと、一瞬ピクッとしてました。
ショウサイフグは皮やヒレに毒があるのでヒレ酒ができないのは残念ですよね。

ヒレ酒と言えば、前にカワハギの外道で釣れたカサゴのヒレを干してヒレ酒にしてみたらうまかったです。

Photo

今回のフグは知り合い数人にお裾分けをしたのでもうあまり残っていませんが、フグ毒がダメな体質だったらやだなぁ。残りの数匹は今晩ふぐ鍋〜ふぐ雑炊の予定です。
次回の釣行までに、刺身包丁と小さな平皿を買っておかないと(生きていれば……)。

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

1/25 座間養魚場

気温が上がるようだったので、夕方から柏の管理釣り場『座間養魚場』へ行ってきました。
到着すると、けっこうお客さんがいます。20人くらいですかね。
厳しそうですが、奥の池でスタート。

すると、今日も1投目からヒットするも、またもやバラし。その後3投目までバラし……。前回と一緒じゃん……。
今日は友人レンタル用に持っている柔らかめのロッドを持ってきたのですが、今まで固めのロッドでやっていたせいか、アタリがあってものせられない。というか、フッキングしたと思って巻いても、ベリーが吸収しすぎちゃってバラしが多い。自分にはさすがに柔らかすぎたか?

Sany1075

ポツポツと釣れるには釣れるのですが、日没直前はしばし沈黙……。
その後、日没後にアタリが連発するようになったのですが、まぁバラしが多いこと。
結局3時間で18キャッチ。バラしは20くらいでしょうか。けっこう混んでいた感はありましたが、周りもいい感じに釣れてました。これくらい釣れれば楽しいですよね。

そういえば今月売りのアングリングファンに座間養魚場が出てましたね(なんか養魚場うんぬんみたいに書いてましたけど、座間は鱒の養魚はやってませんから……)。
雑誌掲載の影響で今週末辺りはすごく混むのかな?

| | コメント (4)

2010年1月26日 (火)

1/15 内房メバル

2010シーズン初のメバル釣行に行ってきました。
実は今回はおニューのタックルなんです。
購入したのはシマノのソアレゲームS709ULT。ずっとソリッドモデルのゲームを使っていたので、ソフチューブトップの感度に期待!

まずは様子見で明るめの港からスタート。
第一投。
ついてくる魚がいないと思っていたら、突然足元から20cm近いメバルが出てきた! ……んだけど、アタックしないでお戻りに。それにしてもいきなりこのサイズですか。こりゃ今日はいいかも!
ところが何度か出てきたあとはもう反応無くなり、遠投するとポツリポツリアタるが乗らず。魚が小さすぎるのか、アワセ方がいけないのかわからん……。
港内を移動するとほかに2組の釣り人の姿が。ここは諦めて次のポイントへ。

次のポイントは、浅い磯と深い場所が隣り合うところ。そこそこ良型の実績もあるので期待して行くと、

立ち入り禁止に……orz

気を取り直して次のポイント。
車を停めてみると、なんと先の堤防に人影が……。5人もいます。なのに、さらにそちらへ向かう人影も……。
こりゃ向こうはダメなので、駐車スペース前でやってみることに。
投げると小さなのが追ってきたけど、何度も追って出てこない。う〜ん、渋い。だが、あまり人が投げていなさそうなところへ投げるとアタる。そして、やっと1匹目〜!


Sany1071


まぁチビですが、その後も同じような場所を狙って数匹キャッチ。
港内を移動してみると、まぁいるわいるわ釣り人が。例年この時期だとこんなに人がいること無いんですけどね。この港だけで15人くらいいました。
この反応の悪さはどうやら人為的プレッシャーが高すぎるようですね。メバルで人のプレッシャーが高くて釣れないなんて初めてです。

次のポイントは以外にも釣り人ゼロ。
パッと見狙いやすいところは避けて釣ると、ポツポツとアタって数匹釣れるもののやはり厳し目。
ボトム付近で反応が良いので底周りを狙っていたんですけど、着底と同時になにやら重みが!

タコ?

なんでしょ、イイダコにしちゃ重いけど、ゴミ?
かと思ったら、なにやら細長い。

Sany1073

ナマコでした。
よくウミウシが引っかかってくることはあるけど、ナマコは初めてだなぁ。

その後2カ所見てみるものの、どちらも無反応……。
あまり釣れませんでしたが、ニュータックルで釣れたので個人的には満足。チューブラということで掛けのイメージがありましたが、このロッドは何もせずにオートフッキングしてくれるので、粘りを利用してズズッとフックを貫通させるような掛け方をしなければ行けなかったソリッドモデルよりも使いやすいですね。


で、釣ったナマコですが、持って帰りました。

Img_0255

釣った2日後なんで、アオナマコが黒く見えます。

Img_0256

解剖するとこんな感じ。

Img_0257

ポン酢に漬けて食べたら激ウマでした!
次回からはむしろメバルよりもナマコ探しに頭が行ってしまいそうですね(笑)
それにしても不景気になると釣りが流行るとは言いますが、この時期にこれだけ人がいるとなると、来月以降管釣りみたいになっちゃいそうですね。


本日の釣果
メバル……9匹(7〜15cm)

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

1/14 座間養魚場

2010年初の『座間養魚場』へ行ってきました。
天気予報でこの冬イチバンの冷え込みとか言っていたので空いているかと思いきや、夕方3時ちょい前に到着すると、15人くらいの先客! こりゃ厳しいか?

釣り始めると、1キャスト目からあっさりヒット!

……バレた。

その後3投目まで毎回ヒットしてバラし……。フックをチェックするとかなり甘くなっていたので交換すると、今度はキャッチ成功。

幸先いいなぁと思っていると、その後もアタリ連発!
なんだけどとにかくバラしが……。
まぁポツポツキャッチはできて、突然ドラグが出るいい引きの魚が掛かったので大物かと思いきや、

Sany1065

サイズこそ30cmくらいですが、お! と思ってしまうくらいヒレピンのニジマス。
管釣りではこれだけ綺麗なニジマスは珍しいのでは?

その後もアタリは続き、

Sany1069

日没後は良型のブラウンも活性が上がり、めちゃくちゃ面白い!
結局この日は3時間で27キャッチとまぁまぁな数でしたが、バラシは30匹ちょい、アタリは150回くらい?ととにかく飽きませんでした。単純計算すると、3分に1匹は掛けているんだからそりゃ当然か。
どうやら前日、前々日と暴風で開店休業状態だったそうで、そのためかスレていない魚が多かったようです。

それにしても今日のバラしの多さはには我ながら辟易……。まぁジャンプで外されるのは仕方ないにしても……。
さすがに、いいかげんミノーイングロッドではなく、エリア用ロッドで釣ってみたいと思ってしまいました。
安くていいロッドなんか無いですかね?

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

君と僕のアシアト ~タイムトラベル春日研究所~ vol1 発売〜!

『君と僕のアシアト』の単行本が発売になってました。

Kimiato
(c)よしづきくみち
集英社『Ohスーパージャンプ』で連載中

え〜っと、新刊はいつ以来?
自分の過去の記事を見て気がついたのですが、『君と僕のアシアト』の第一話ってもう3年近く前になるんですね〜。
まぁこの単行本はよしづきの作品が好きな人は期待してよし! でしょう!

君と僕のアシストについては、よしづきのブログに面白い記事があるので、ぜひ一読あれ。


よしづきといえば、昨年秋に知り合いに頼まれていたサインをしてもらった時に、ついでに自分の分ももらいました。
しかも、「魔法遣いのヒロイン3人も描いて♪」と無理難題をつけて……。

Img_0404_2

ソラでさえ連載終了からちょっと時間が経っていましたが、ナミやユメに関しては当然ですが数年振りに描いたようで……。そういえば色紙にサインしてもらうのは初めて。サイン会などでは時間の都合上3人描いてもらうのは無理だと思うので、これはちょっとしたお宝です♪
よしづきの描く女の子は、ソラがいちばん可愛いですね〜(個人的には)。

『魔法遣いに大切なこと』、読んだことのない人は是非読んでみて下さい。
『フレフレ少女』もよしづき版のコミックは面白いですよ(映画はテレビで見た分にはまぁこんなものという感想でしたが、コミック版は迫力があります)。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

新年〜2010初松戸二郎〜初鯉

新年あけましておめでとうございます……まぁ今頃ですが。

結局年末年始は丸々一日仕事をしなかったのは元旦だけ……初仕事は3日から泊まりで静岡へ取材旅行とバタバタな新年の始まりでしたが、やっと落ち着いてきました。

取材旅行では、

Img_9690

富士山み〜の

Img_0225

桜海老&シラス喰い〜の

Img_9870

てらっちょ釣り〜の

Img_9990

うなぎ喰い〜の

Img_0013

洞窟入り〜の

Img_0042

見た目は豪華な料理喰い〜ので、まぁ仕事のついでに小旅行をちょっと楽しんで、帰りは渋滞合計30㎞近い表示だったにも関わらず、下道へ回避したりしたら全然渋滞には捕まらず(唯一渋滞に引っかかったのは、渋滞回避のため下道へ降りて再び高速に乗ろうとした時に、インターの手前の道が大渋滞してた)に無事帰還しました。


昨日は2010初松戸二郎へ新年の挨拶をしに行ってきましたが、この寒さのためかノー行列。

Photo

ブタがウマーでしたが、松戸二郎は昨年11月頃から麺の量が少し減ったようで……。
11〜12月は5回くらい?行ってるので間違いないと思いますが、まぁこれくらいの量の方が無理せず食べられていいかも。


今週は初鯉釣りも行ってきまして、デカ川は

Sany1059

目視で70cmクラスがごろごろ。80upくらいのも回遊してるし、45cmくらいのバスもいる。
ですがサーチベイトのパンに反応するコイはまったくいないのでキャストせずに移動。

サイズは望めないけど鯉が多い多鯉川へ行くと、なぜか人が多い(釣り人ではなく散歩や学生)。
水がものすごく少ないものの、パンを流すとさっそく反応!
したんだけど、女子学生が「カモがいるよ〜!」と叫びながら携帯片手にポイント前へ駆け下りて行き釣りにならず……(カモってそんなにめずらしいものか?)
その先にはゴルフクラブを振り回す危険そうなおじさんがいたので、車に戻って下流の駐車ポイントまで大きく移動。

移動先も水が少ないからか全然反応はなく、やっとバイトしたと思ってもバラシ……。
もう少しねばって普段引き返すポイントの手前でやっとキャッチ。

Sany1061

そのあともう1匹追加して終了。

とまぁこんな感じの新年の始まりでした。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »