« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

2/25 コ式鯉釣り

フリーホイールさんへ打ち合わせに行く用件があったので、行きがてらコイを釣ってきました。

場所はもちろんあのドブ。今日くらい暖かいとちょっとかぐわしいです……。こりゃ気温が上がったら厳しいだろうなぁ。
というように今日は暖かいのですが、なんといっても南の暴風。
パンを撒くも風に煽られて流れて行きません……。さっさと終わらせて打ち合わせに行こうかとも思いましたが、せっかく来たのだし、食べかけの6/8の食パンならここでの釣りなら長く持たないだろうから、釣行続行!

しばらく南下したところで対岸岸際のあたりだけ風を受けにくくなっていて、やっとパンが流れて行くようになりましたが、待っても待っても下流もぜ〜んぜんと反応が出ません。
極たま〜にモヤっとするものの、パンをくわえに水面に出るというより、水中からパンを突くような感じ。これじゃ風を受けて波紋を立てているコ式なんか警戒して喰わないだろうなぁ。

歩いてはパンを撒き、枯れた葦に隠れたままじ〜っと待ってを繰り返し(端から見たら滑稽だろうな……)、やっとこさバイトがあったと思ったが、パンをくわえきる前にコ式に気づいて潜ってしまった。

それからも移動、待ちを繰り返し、や〜っと喰いました!


Sany1148


掛かって岸際へ近づくとき、ドブの洗礼を受けて右足泥だらけになりつつネットイン。
上げるまでは70後半かと思ったが、計ったら70cmの中ゴイサイズ。サイズのわりに太っていてごついのでデカく見えたようだ。

この間、1時間くらい。ここまで苦労するのも久しぶり……。
結局1時間半くらいやって、バイト数はわずかに3回。いや〜厳しかった。
活性が低いだけあってあまり引きませんでしたが、やはりノベ竿楽しい。

| | コメント (0)

2010年2月22日 (月)

2/21 東京湾ショウサイフグ

ついに








ついに












ついに!












この日がやって来ました!












思えば爆釣を夢見て砕け散ったあの日……。
苦節4回目……。












とうとうこの日が来ました!












ついに
















ついに釣れました!
















超高級……!
















Sany1122

1匹9,000円のショウサイフグ!(涙)








ええ、1匹しか釣れませんでした……。
前日が貧果だったのでまさかとは思いましたが、当日は朝から天気もこんなでうねりも強く、

Sany1115

予報のようには晴れずクソ寒いです(富士山もほとんど見えね)。
前半ポツリ、ポツリとはフグのアタリもあったのですが、眠気と寒さで全然集中できず……。
もともとスロースターターで後半になってやっと集中力が高くなってくるのですが、

後半ほぼアタリなし!(泣)

周りもほとんど釣れてません。
前半ダメでも後半復調する日なら、後半だけなら周りの人より数多く釣る自信があるのですが、もうお手上げ状態です。ハイ。

時々釣れるのといえば、

Sany1119

とか、なぜかハリを底から50cmくらい上げているのに掛かってくるシロギス……。
っていうか、

フグよりシロギスの方が多く釣れるんですけど(涙)

ええもう途中から今日はシロギス釣りに来てるんだと思い込むようにしました。




キス釣りに来たら、なんと、なんと……








なんと、外道でフグ釣れちゃいました! ラッキー!












……












なんか悲しくなって来た……orz




まぁ、幻の魚にならなかっただけよかったのですが……。

帰り道、家に


『超高級なフグが釣れましたshock刺身で大事に食べましょうweep


とメールを送ったら、


『えーsign01ちょーこーきゅーフグshineshineどんなのかのう』


と帰ってきました……。








これって優しさですか!?








と一瞬悩みましたが、本当に高級なフグ(トラフグとかアカメフグ)が釣れたと思ったらしいです……。

Sany1123_2

これだけなんで、捌いたら、

Sany1135

これだけですからねぇ。
前に釣って冷凍しておいたのを解凍して一緒に食べましたが、フグは冷凍しても刺身うまいですね!

ちなみに外道のおみやげは、

Sany1132

シロギス、クラカケトラギス、トラギスとキスオンパレード(写真は各代表)。トラギスはメスも何匹か釣れましたが、すべて抱卵していたのでお帰り願いました。まぁ天ぷらのタネとしてはいいおみやげになったけどねぇ。

まぁ、釣りですからこんなこともありますよね。でもせめて5匹は釣りたかったなぁ。
来月から4月中旬までは仕事が忙しそうなので、来週は『春の鯉釣り』『座間養魚場』の2本をお送りします。

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

ダイビングローチ入荷しました!

毎日寒いですね〜。
寒いのもありますが、仕事が忙しくて釣りに行けてません……。
さくっとコイ釣りくらい行きたいんですけど、明日も昼は打ち合わせが入ってるので難しいだろうなぁ。

あと2週間もすれば、関東近郊の渓流も解禁!
というわけで、スカジットデザインズ話題の新製品、ダイビングローチが入荷しました!


Img_7553


ローチのオレンジの台紙と違い、ダイビングローチはグリーンの台紙にオレンジ色のロゴが映える作りになってます。

左から今年のプレミアムカラーのシマドジョウ、昨年プレミアムカラーだったシークレットヤマメ、絶対に外せないピンクヤマメと金黒オレンジ。
プレミアムカラーはオイルメッキ。他は縦ホロです。


Img_7555


こちらは今年の新色、レッドトラウト、サビヤマメ/レッド、アユ。すべてメッキ仕様。
これで今シーズンの解禁はバッチリでしょう!!

もうひとつの期待の新製品『ファットローチ』は2月末頃に発売するみたいですね。こちらも期待大です!

メーカーページはこちら
【スカジットデザインズ ダイビングローチ】
http://skagit.co.jp/catalogue09/loach_div/index.html

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

国際フィッシングショー2010へ行ってきました

今年も横浜のフィッシングショーへ行ってきました。
例のごとく年に数回しか満員電車に乗らないので面倒だなぁと思っていたら、現地で待ち合わせをした人もまったく同じことを言ってました(笑)。

とりあえず空いてるうちに、混みそうなブースを見ることに。
まずはシマノ。


Img_0271


お目当てはもちろんニューステラ!
今ならステラの展示台に誰もいないので、全番手触り放題!
いや〜、フィーリング滑らかですね。さすがシマノのフラッグシップ。
ギアの大口径化は実際に使ってみないと差がわからないんだろうけど、実際に使うことはほとんど無いでしょう……。

シマノではほかに気になっていたコンプレックスCI4を見たが、こちらはやはりCI4ギア独特のシャーシャー感が気になる……(ステラ触ったあとだから仕方ないんだろうけど)。とはいえ2000番のハイギアで軽量なのでちょっと欲しいリールですね。



ダイワのブースへ行く途中、スミスのブースが目に入ったのでちょっと寄り道。
やっぱり出るみたいですね、


Img_0273


鯰人のスピニングモデル。


Img_0272


NAZ-S65MLという型番で、長さは6フィート5インチ。今流行りのKガイドを搭載しています。
MLということですが、3インチ長い分か触った感じはベイトのNAZ-62MLより柔らかい感じ。スタッフの人に声をかけてみると、どうやら軽量プラグを扱えるように柔らかめの仕様になっているようですが、


いったい何gのルアー投げるんですか?


と思わないでも無いんだけど。


Img_0274


4月頃発売予定だそうですが、個人的にこれはまったく必要なし。グラスの6.6fスピニングロッドならテーパー&シェイプのを持ってるし、そもそも鯰にスピニング使おうとは思いませんからね。

キャタピーは新色が追加、


Img_0286


そして、鯰ファンイチバンの目玉と言えば、


Img_0287


BATAPY(バタピー)新作ノイジーじゃないでしょうか。
羽がかなり前についているのと、目のところと上部にケミを刺す穴が開いているのが特徴的です。


Img_0288


ウエイトも16.2gとちょうど良いので、これはちょっと期待できそうです。とりあえず1つ買って使ってみたいですね。
そういえば昨年出たナマジーは、1つ買いましたがパッケージから出してすらいません……。



お次はダイワ。
なんだか携帯電話の販売ブースみたい(他の人も同じことを言ってたけど)な外観。
こちらのお目当ては、


Img_0275


もちろんニューセルテート!
マグシールドがどんなものなか前情報を全然仕入れていなかったので聞いてみると、


Img_0277


こんなふうに磁気を帯びたオイルがローターとボディの間にシールドして、


Img_0276


水の侵入を防ぐそうです。
オイルは基本的にメンテナンスフリー。磁気は永久なので、とくにオイルの差し替えなども必要ないとのこと。
ただし、オイルが流れたりほかの部分から水が入ったりする可能性があるので、水没させるのはNGだそうです。

このマグシールドを採用することにより大きく変わったのは、


Img_0283


このローターの形。
今までのリールでは水が入らないようにするために従来の形が絶対だったようですが、マグシールドを採用したおかげでローターの肉抜きが可能になり、エアローターの名のとおり約15%の軽量化と同時にリールヘッドの持ち重りを無くし、ロッドの操作性を上げることができるらしい。
このニューセルテートが商売的に成功したら、将来的にダイワのリールは間違いなくこの形へ移行して行くんでしょう。


ダイワブースでほかに気になったのは、


Img_0278


ダイワZ。
なんか日本人ってZっていう言葉に弱いような気が……。Zって付くだけでカッコいい気がするのは、やはりマジンガーZの影響なんですかね?


Img_0279


REAL FOURのロープロベイトということで期待していた人も多いと思いますけど、個人的にはデザインも全然OK。RYOUGAよりこっちが欲しい。

ロープロと言えば、


Img_0281


ピクシーの後継機、PX-68も登場。欲しいけど買わないだろうなぁ。
他には、


Img_0282


RYOUGAに1000番が登場。これも欲しいけど買わないだろうなぁ。
個人的には2000番の深溝スプールとか出してくれると嬉しいんだけど……。



ここで10時になり一般の人が入ってきたので、ダイワブースをあとにして、ぐるっと一回りすることに。
まずはアブのブース。


Img_0284


新作のRevo NEOSリール。
軽量で巻き心地もよく、ドラグも上下2ベアリング(1つは大口径)と基本性能はかなりよさげ。
スプールリングも強靭なようで、見た目もカッコいいし新たに2000〜2500番のスピニングを買うことがあったらこれも候補に入れてもいいかも。


バークレーのブースでは


Img_0285


毎年恒例のガルプの舞を見て(他は一切見てないけど)、


Img_0290


エサを扱ってるブースでブドウ虫を眺め(昔、ブドウムシにものすごく詳しいスタッフがいたので話を聞きたかったんだけど、居ないみたい……)、


Img_0291


影山産業で小林重工がらみの商品を眺め、小林重工と少ししゃべって(重工の写真撮るの忘れた)、
ぐるっと一回りして、知り合いに挨拶してメシ。


Img_0293


昨年同様穴子丼600円にしました。
ボリューム的にはこれがいちばんお勧めっぽい気がしますね。

それにしても今日はスゴい人でした。
去年はこんなに混んでいなかった気がするんだけど、今日は午前中からかなり人が多かったですね。人が多かったので、今日来ているはずのいくつかの釣具店店員さんには遭遇できませんでした……。

でも、年に一度フィッシングショーでしかお会いできない知り合いや、昔の仕事仲間、昔お世話になったショップの店員さんに会ったりできたので(ショーの内容よりこっちがメインですね)楽しい一日でした。


最後に、今回ゲットしたカタログの一部。


Img_0297


ちなみにスカジットデザインズのカタログはフィッシングショー会場ではなく、明日明後日限定オープンのSANSUIみなとみらい店で販売されるのでお間違え無く。

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

冬の鯉釣り〜ノベ竿でコ式編

いちばん身近なビッグゲームと言えば、やはり

コイ!

綺麗な川がいいだとか、食べて美味しい魚がいいとかいう人も、一度は目を向けて欲しい

近所のドブ!








今回訪れたドブ川は、最近日本でいちばん小林重工が出現する確率が高いドブと噂される市川市の国分川。えぇ、某ブログによく出てくる川なんで実名での登場です。


Sany1082


川幅5mくらいのストレートなドブなので情緒もへったくれもありませんが、新たに購入したノベ竿でとりあえず1匹釣りたかったので行ってきました。
今回用意したのは21尺(6.3m)のコイ竿。以前15尺で苦戦したけど、これなら大丈夫でしょう!

と軽い気持ちで始めてみたものの、

これでも短いくらい!

いえね、この長さなら十分釣りになるんでしょうけど、もう活性が低すぎでしょう……。
数回バイトはあったものの、パンを吸い込むと言うよりちょっとつまむくらいなのでもちろんフッキングせず……。何度か数匹の鯉がパンの奪い合いをしているところがあったけど(こういうところに遭遇したらまずアタックがある)、コ式には無反応……。
いやいや難しい。普段のリール竿を持ってくれば、むしろいつもの川よりも全然簡単な場所なんですけどねぇ。




かなり頑張ってパンを撒いたのですが、ノベ竿だとパンを撒く量がハンパではないので、1時間ちょいで食パン1斤終了……。
もちろん1斤しかもってきていないので、最後の望みを込めて撒き餌をしたままコ式と一緒にゆっくり下って行くも、反応は出ず。

しばらく歩いたカーブのところで、先に流れていた撒き餌に反応するコイを発見。おそらくここが最後のチャンスだろう。
すると対岸側底からゆっくりと上がってきた鯉が、コ式のパンに

パクリ!

おっしゃ、喰った!
というか、

やっと喰った!(涙)

アワセをいれると、グン、グン、グンとけっこうな引き!
橋の下をくぐってすぐのところで掛かったので気づかなかったが、

上に電線がありました!(汗)

こんなとこで感電したらシャレにならないので、上流に走る鯉を下流へ誘導し、少し疲れるのを待ちます。
グイグイ引いたあとやっとおとなしくなったので、ラインを掴んでランディング……しようとおもったら、ラインが手前から出ていた枯れ草に絡んでしまった。やばい……。

枯れ草を外そうと引っ張っていると、バレずには済んだがまたもやコイが走り出した。ラインを掴んでいた指がアツくなったので咄嗟に放し(細いラインだったら指切れてますね……)、再び竿でファイト!
さっきまでのおとなしかったのが嘘のようにまた走り出します。

いや〜、いいっすね、このパワー!
再び弱らせて今度こそネットイン!


Sany1107


75cmの中ゴイでしたが、なかなかいいファイトでした。
とはいえこれでもここではまだまだアベレージサイズ(らしい)。こんなところにメーター近いサイズもいるというから恐ろしい。

それにしても、


Sany1109


太っ!
いつも釣る川より、あきらかに太いでしょ! まぁいつもの川より圧倒的にドブ臭がするので、生活排水がいっぱいなんでしょうね。




子供の頃にノベ竿で鯉釣りはしたことがありますが、あの頃釣っていたのは40cmくらいまでだった記憶が……。
それにくらべれば、このサイズはまさに

シビれる!

ものがありましたが、竿が強すぎたのかまだまだ竿には余裕がある感じでした。
むしろ引き自体はいつものルアーロッドの方がすごいかな?

それはともかく、ノベ竿のコ式面白いですね〜。
活性が高くないとなかなか掛からないので初めての方にはリール竿を薦めますが、リール竿でのコ式に慣れている人は、ぜひノベ竿もやってみて欲しいですね。

とりあえずノベ竿も、

目指せ90アップ!

かな。

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

2/7 東京湾ショウサイフグ

懲りもせず行ってきました、ショウサイフグ。
今日は一人ではなくフグ初挑戦の同行者が一緒。
日曜なので混むのかと思いきや乗った船はガラガラ。かなり快適に釣りが出来そうです。
思ったほど寒くないのとお湯をいれるボールを持って行ったので、エビの殻剥きも前回のように辛くありません。


Sany1093


海はうねりがありますが、今日も富士山がキレイ。
スタートするもしばらくアタリなし。アタリが出だしてもハリス切られ……。
4匹連続でハリスを切られたところで、同行のたかたかさんにヒット!

「なんかよくわからないよ」

と言っていましたが、アタリが出始めると

「やっと面白くなってきた」

とのことですが、こちらはかなり苦戦……。
やっと上がったのは、

Sany1099


ちょっとうれしい一荷。
その後2匹追加してやっと4匹。

「いや〜、難しいね〜」

とたかたかさんが言っていたので、もし全然釣れていないようなら自分も釣れてないけど、お土産にわけてあげよう……なんて思いながらバケツを覗いてみると、

すでに9匹!

ぜ、全然釣れてるんですけど……。
むしろ、

このままだったらこっちがわけてもらいたいくらいです

まぁ、まだ前半戦が終わったところだからね。後半ガンバロウッと!
ところが、中盤から突然の突風!
風速15mでアタリが全然わからない!
そんななかでもたかたかさんは順調にキャッチ。さ、さすが……!


Sany1100


ひさしぶりにやっと来たとおもったら、カサゴ……。
風が少し弱くなったので、頑張ってアタリをとってみると、ん? 意外にわかるもんだな。
相変わらずバラシはあるものの、2回一荷もあったりと徐々に数が伸びる。
カワハギでもそうですが、毎度後半の頑張りでけっこう数が釣れるんですよね〜。


Sany1102


とはいえ後半は小型ばかり。
前半に大きそうなのを数匹バラしているので、それが大きく響くなぁ。
最後の流しで2回アタリがあったものののせられず、最終的には、


Sany1103


15匹とまぁまぁな結果。とはいえチビが多いのは残念。
たかたかさんは16匹とさすがの釣果! 面白かったとのことなので、是非また行きたいですね!


それにしても、


Img_7495


フグ刺しウマすぎ!!

1日目はぷりぷりとした食感がいいですが、味は2日目の方が甘みが増していい感じ。贅沢食いが出来るのも釣り人の特権です!
刺身はもちろんですが、鍋もいいですね。
そして締めの


Img_7516


フグ雑炊!
もううますぎでしょ。
間違いなく正月に食べてきたトラフグ鍋よりうまいでしょう!(圧倒的に量が違うし)
今回はいろいろわかったことが多かったのでまた行きたいのですが、次行けるのはいつかなぁ。

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

2/4 東京湾ショウサイフグ

今週月曜から絶好調の東京湾ショウサイフグ釣りへ行ってきました!

なにがどう絶好調かっていうと、


20匹、30匹はあたりまえ!


さらに月、火、水と連日釣果は右肩上がりで、水曜日には


ついに80匹を超える釣果も!


これは行くしか無いでしょ!ってことで木曜日に行ってきました。


今週は毎日朝方寝〜9時にお客さんに起こされるというパターンで、この日も睡眠ほとんどナシで行ったのですが、もう行きの車の中は、


何匹くらい釣れるのかな?

50? いや、80いっちゃうかも?


と喰わせのシミュレーションを繰り返し、どこへどれくらいお裾分けしようかとか、
晩飯の時間になったら、


「え〜、今日もフグなの? もうフグは食べ飽きたよ〜」


とか、
お裾分けで持って行っても、


「もうフグはいいです。たまにはカワハギでも釣ってきてください」


なんて言われちゃったりとか、
急な来客時に、


「すみません、いまフグしかないんですよ」


なんて言っちゃったりとか、
なんたってアナタ、


「80匹釣れたらフグが1匹たったの113円ですよ!」


まぁショウサイフグなのはアレですけど、眠いのと路面が凍結(前日の夜雪が降りました)してるんじゃないかと変に緊張して運転しているせいかもう訳のわからない妄想しちゃうほどのテンションです。

6.3mのノベ竿を購入したばかりだったのでコイも考えていたのですが、

ハァ? 鯉なんていつでも釣れんだろ?

そうです。コイはいつでも釣れますが、ショウサイフグの爆釣はいまだけです!

そして今回、


「ついに乗合船ソロデビュー!」


いやね、今まで一人で乗合船ってなかったんですよ。まぁ管釣りとかコイはほとんどいつも一人なんですけど。
でも初対面のおじいちゃんと、和気あいあいと

「昨日もスゴかったからね〜、今日は何匹くらい釣れるのかね〜」
「そうですよね〜。まぁダメでも20くらいは行くんじゃないですか〜」

なんて話をしながら出船いたしました。


それでは出船です。
ポイントへ着くまではまずはエビ剥き。


Sany1084


もう冷たすぎて指が痛いです。皮膚割れそうです。でもフグ大盛りのために我慢ですね!
ポイントへ着くと、


Sany1085


今日も富士山がキレイです!
まるで本日の大爆釣を祝うかのよう……って前回もこんな見え方でしたが。

そしてこの下には、広大なふぐ絨毯が広がっているはず……!
期待を込めて仕掛け投入です!






……










……




















……




















無反応!(泣)

ま、まぁ潮が動くのまだ先だしね……。

で、3流し目くらいでアタリが来てヒット!


Sany1087


ファーストフグです。グーフーですぞ!
そういえばちゃいちーのろーたーくんってまだやってんのかな?

今日は気合いを入れて写真を撮るぞ! と思っていたのですが、バッテリー残がない……。
桶一杯のフグの写真を撮るまでバッテリーを持たせなくてはいけないので、撮影はこれで終了。

その後も全然アタリがなかったんですが、潮が動き始める頃にまたアタリがあってヒット!
そして、そこから怒濤のフグラッシュが!








































……来ない?

たま〜にアタるんですけど、喰いが浅いっていうか、潮が速いのが操船のせいなのかわかりませんが、ラインが横に入りっぱなしでアタッても喰わせる間がないというか……。

すでに開始2時間経過。
最近の座間だったらニジマスが30匹釣れている計算。
ニジマス30でフグ1匹……


フグの勝ち!


もうなにが勝ちなんだかわかりませんが、そうとでも思ってないとこのクソ寒い中(前回よりフリースを1枚多く着ているのにものすごく寒い)、眠気も半端ではないしまるで釣れない管釣り状態。


放流まだですか?


ホントそんな風に思ってしまう……。

で、猛ラッシュが来るのを今か今かと待ちわびて後半戦突入。
やはりポツリポツリとアタるが喰わせきれないので、ロッドをバイオインパクトに変更。まぁ水深28m、オモリ30号ならこっちのほうがいいのかも。

すると1投目からピピピッと小さなアタリが!
あ、アタリ、小せえ……。
さっきまで使っていたAトリガーライトフグは、小さなアタリでも竿先に出るくらいだったので、この差はちょっと……大丈夫かな。
またアタリがあったので、即アワセるとクン、クンクンとヒット!


Sany1088


本日最大26cm!
なんだろう、こっちのロッドは前アタリが出にくい分即アワセがいいのかな?

流しを替えると一投目からクン、とアタリ。
カワハギのように聞きアワセをすると、


クン、クン、クン、クン


と追いアタリ! これはもらったでしょ〜と追いアワセを入れると、


ふわ〜……


え〜! 今ので乗らないの?
あれで乗らないって、どうすればいいの? と思って仕掛けを上げてみたら、


ハリス切られてた(涙)


喰わせすぎたか……大きそうだっただけに残念。

その後もポツポツ掛けるんですけど、


すべてハリス切れ(涙)


この仕掛けが悪いのか、喰わせ方が悪いのか?
全部巻き上げてくる途中で切られちゃうんですよね。

そして船長から最後の流しという悲しい通告が。
でもまだまだ望みは捨てません。
それは、毎回最後のひと流しで1〜2匹釣れるという


最大のジンクス!


があるので、期待して仕掛け投入。

すると、速攻でアタリが! で、乗った!

ほらほら、来た来た〜!


ジンクス万歳!


ふわ〜っ……


































終わりました。今日のフグ。
お疲れさまでした。


Sany1090


なんでしょう。この釣果。
1匹1,600円ナリ。


これが谷日というやつか!


ってか、船釣りに出るといつも谷日ばっかなんですけど、ここまでの谷にハマるのもね……。


Sany1091


はい、処置後です。
刺身サイズが1匹居たのには救われましたが……。

行きの車中の妄想の中でお裾分けするはずだったみなさん、

帰りの車中の妄想の中でお裾分けしておきました!

妄想の中で美味しく食べて下さいね。


いや〜、ホントに厳しい釣りでした。
初挑戦の前回にくらべると、アタリも少なすぎでしたしね。

Aトリガーでじっくり喰わせる釣りではなく、初めから素直にバイオインパクトで掛けの釣りをしとけばもうちょい釣れたかもしれませんが、まぁこんなもんでしょう。

釣果は芳しくありませんでしたが、今日は今日で得るものがありました。深場での釣り方、ハリス、ハリの大きさ、その他色々釣りの経験としては大きなものを得ましたが、やはり今日はフグではなくコイが正解だったか……。

でもね、

懲りずにまた日曜日行ってきますから!

たぶんこの記事を期待しながら最後まで読んでくれたたかたかさん、現実はこんなものでした……。
でも日曜は上向きになることを期待して行きましょう!

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

2/2 座間養魚場

柏のお客さんのところへ行く用事があったので、ついでに座間養魚場へ行ってきました。

昼を回って昨日から降った雪が解けているとはいえ、さすがに今日は空いているだろう……と思っていたが、到着すると

平日なのに激混み!

なぜか皆さん奥の池に集中しています。16人くらいいるのかな?

「手前の池を閉鎖しているので、今日は土曜並みの混雑です」
受付で話を聞くと、今シーズンから出来た方のポンドは水の入れ替えをしているので閉鎖しているとのこと。だからみんな奥の池で釣ってるのね……。

ということなので一瞬やめようかとも思ったが、奥の池がここまで混んでいる状況で釣ったことがなかったので、試しに入場してみることにした。

入場時に入れ違いで帰った人がいたので、その場所に入ってスタート。
釣りを開始すると、今日も1投目からアタリが。乗らなかったが、数投後に1匹目をキャッチ。

Sany1077

プレッシャーが高いだろうという思っていたが、予想に反してその後もアタリが続き6匹目まではあっさりヒット。
しかしさすがにスレたのかそこからはしばし沈黙……。ルアーをローテーションするとポツポツアタリ続けて、開始30分ほどで10匹目をキャッチ。

それにしても今日はものすごい高活性。
あいかわらずちょこちょこレンジが上下するものの、クランクはもちろん、スプーンでの表層引き、ボトム引きどれでもアタリがある。
雲が多い天気だったが、陽が出ると表層側が、陽が隠れるとボトム側が反応がいい様子。でも普通は逆じゃね? と思いながらも、陽の出かたに合わせてレンジを替えるとけっこうアタるので、そのパターン通りに投げ続けることにした。

陽が落ちかけると反応が乏しくなったが、それでもレンジを替えながら狙ってみるとポツポツ反応があって、

Sany1079

5時ちょいまでの2時間で33キャッチ。時速16匹は今シーズン最多数。
それにしてもこのところの座間は絶好調ですね! 今シーズンはオープン後しばらく渋かったですが、今年に入ってからは毎回昨シーズンと同じくらい釣れます。

そういえば今日は、友人レンタル用サブロッドと化しているちょびっと柔らかめのミノーイングロッドを持ってきたのですが、久しぶりに使ってみるとけっこういい感じ。
とりあえずしばらくはこのロッドをメインに使ってみるかな。

水を入れ替え中のポンドは、週末には釣りができるように調整中とのことです。

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

アニサキスの画像が番組で……

明後日、2月3日(水)19時56分から日本テレビで放送の『ザ!世界仰天ニュース』2時間スペシャル番組内で、ハトヤのウシに掲載しているアニサキスの画像が使われるようです。

Sany0893

撮影した写真が雑誌で使われるのはしょっちゅうですが、テレビで使われるのは初めて。といってもこれはノーギャラなので仕事ではないですけど。

時間のある方は番組を見てみて下さい。
写真が写った瞬間、キモチわる〜!とか言われんのかな(笑)

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »